×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2003年11月02日(日)

一昨日のナイトスクープは傑作集だったのだけど、松村探偵が行った涙が出るほど山盛りの料理を出す食堂をやっていた、改めて見ても量が多い、場所は滋賀県大津市の美富士(食堂)、行くことはないだろうけど、一応メモ。

昨日の、世界ふしぎ発見では、カナダの自然をミステリーハンターが首から LOMO をぶらさげて、ところどころで撮影をしながらリポートをし、そして撮った写真を VTR の合間にインサートする、という手法で作られてた、かなりセンスのいい感じ。本人が撮ったかどうかはわからないけど、カナディアンロッキーの美しい風景を LOMO の微妙な風合いで、表現していたのは、なかなか面白かった、番組よりもそちらの方が気になったし。


2003年11月19日(水)

先日の日曜日(11/16)に デザインフェスタ に参加してきました

2003年11月24日(振替休日)

久しぶりにポラスタを見たら、HOLGA の新製品が発表されていた

HOLGA の新しいポラバック発売

今回のバージョンアップの目玉は、フィルムの全面に露光されることで、今までのポラバックだと、隅に黒い枠が出てくるのがいかにもかっこ悪かったけどこれで解消された。
その代わり、ファインダーが完全に隠れてしまったらしいけど、どちらをとるか、だろう。
半分しか見えないファインダーの方が撮影がしづらそう。
一応外付けのファインダーも用意されている みたいだしそれを頼りに、撮影してもいいのではないかな?
ただ、ものすごいダサいデザインなんだけど、外付けファインダー。



HOLGA って何?、というと
TokyoLomoHeads
SuperHeadz
辺りが詳しい、この TokyoLomoHeads と Polaroid社 とのコラボレーションで、Polaroid Holga が
誕生したそうなのだけど、その辺の経緯は、ポラスタでPOLAROID HOLGA としてまとめられている、初期のポラホルダ―はかなり武骨で使い勝手が悪そうだったけど今は随分コンパクトになったし、なにより、今回の変更でポラフィルム全面に映るようになったから、ちょっと気になるなァ

わざと補正レンズをはずして近距離撮影もできるとか
フィルムによってはエマルジョントランスファー・イメージトラスンファーを使えるとか
そんな風な様々な応用ができる点も、魅力なのかも。


写真としては、蒼井そらさんのセルフポートレイトがいい感じ
http://www.polga.com/gallery/index.html
<<2003年11月>>
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30